近刊検索 デルタ

2020年10月27日発売

ナチュラルスピリット

無力の道

アドヴァイタと12ステップから見た真実
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
人生の苦しみは、コントロールする力を持っているという錯覚の直接的な結果だということがわかり始めるでしょう。あなたより偉大な力が「問題を解決する」。

私たちは無力だった!何も為すことができない。
自己を超えた力に頼るしかない。
非二元と、アルコール依存症の人のための
「12のステップ」から見た本当の救いの道!

最初は幾つかの物事がコントロールできないと分かることから始まった旅は、
すべての物事がコントロールできないことを直感的に分かるところへとまだまだ続きます。
私たちがこの「作者錯覚」を持っており、
さらに実はそれが誤っていると認識することが、
思いも寄らない極めて並外れた何かを理解するための鍵となるのです。
あなたより偉大な力が「問題を解決する」
「私たちの多くは、自分より偉大な力への気づきがスピリチュアルな経験の本質だと考えています。
信仰の篤いメンバーは、それを『神意識』と呼んでいます」(本文より)
目次
ステップ1

造り手錯覚
私たちは無力なのか?
思い通りにいかないこと
ラメッシ・S・バルセカールとの出会い


ステップ2

狂気
大海と波


ステップ3
問題
「私たちは神のように振る舞うのをやめなければならなかった」


ステップ4

私たちの物語
ステップ4のやり方
「何か」対「なぜ」
正直さ
紙に書き出す
恨み
恐れ
セックス
罪悪感と秘密
私は誰か?


ステップ5

人類へようこそ


ステップ6とステップ7

在ることの受容


ステップ8とステップ9
意欲
償い


ステップ10
変化過ち


ステップ11

個人の責任
神意識
神の御心
スピリチュアルの道
自己束縛からの解放
日一日サットサン


ステップ12

罪悪感の消失
私はすべてと一つ―するとどうなるか
経験の分かち合い波は大海
神との会話
終わりは始まり
力の回復
超越
著者略歴
ウェイン・リカーマン(ウェインリカーマン weinrikaaman)
16 歳から35 歳まで生きるために自分の力であらゆることをしてきた。 その結果、あわや死ぬところだったが、これを書いている今は本当に生き生きして、 かつてはそうだったと書くことができる幸せを感じている。 ウェインと呼ばれているこの存在が、 個人の力の感覚を一切持たずにすべてであるものの統合された一部として 生きているのが奇跡的だとも感じている。 今の彼にとっては、当たり前と驚異は一つで同じものであり、 同様にスピリチュアルと物質性、自分と他人も同じだという。
阿納仁益(アノニマス anonimasu)
幼少の頃より精神世界に興味を持ち、大学在学中に非二元の世界に深い関心を抱く。会社勤めを経て、現在に至る。 本書に関しては、12 のステップの匿名性の主旨などを踏まえ、阿納仁益(アノニマス)という筆名で翻訳を行う。
タイトルヨミ
カナ:ムリョクノミチ
ローマ字:muryokunomichi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ナチュラルスピリットの既刊から
デヴィッド・ロリマー/編集
リチャード・ロール/著 井辻朱美/翻訳
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉山成 
大蔵財務協会:樫田明 増尾裕之 
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 
コロナ社:電子情報通信学会 益一哉 天川修平 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。