近刊検索 デルタ

10月4日発売予定

幻戯書房

皇帝溥儀

銀河叢書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
橘外男による、単行本未収録を中心に入手困難な作品を3つのテーマで編纂した、3冊連続刊行企画・第三弾 満洲残影篇。
壮絶な引揚体験と焦土の東京が幻視させた、夢想の大殿堂。
皇帝溥儀(ラスト・エンペラー)は二人いた? 元宮廷女官が発表した謎の手記をめぐり大胆な綺想を展開した未完長篇(表題作)はじめ、傀儡国家の盛衰に運命を翻弄された人々を描く作品集
目次
皇帝溥儀
灯は国境の町に消え
東條元首相の横顔
大僧正と天使
明けゆく道
著者略歴
橘外男(タチバナソトオ tachibanasotoo)
1894年、石川県生まれ。生後すぐ、軍人だった父の転任地・高崎へ。群馬県立高崎中学を中退し、札幌の叔父のもとに預けられ、鉄道管理局に勤務(のち業務上横領罪で服役)。その後、貿易商館、医療機器店など職を転々。1922~23年、有島武郎の推輓を受けた『太陽の沈みゆく時』全三巻でデビュー。1936年、『文藝春秋』の実話募集に「酒場ルーレット紛擾記」が入選し再デビュー。1938年、「ナリン殿下への回想」で第7回直木賞を受賞。戦中は満州に渡り、戦後、文筆活動を再開。1959年、死去。主な作品に『艶魔地獄』『陰獣トリステサ』『怪人シプリアノ』『私は前科者である』『私は呪われている』『ある小説家の思い出』など。
タイトルヨミ
カナ:コウテイフギ
ローマ字:kouteifugi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

幻戯書房の既刊から
田子文章/著
北村岳人/著
近藤耕人/著
橘外男/著
ピエール・ルヴェルディ/著 平林通洋/翻訳 山口孝行/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
鳥影社:山上一 
集英社:深緑野分 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。