近刊検索 デルタ

2024年5月27日発売

アルテスパブリッシング

出版社名ヨミ:アルテスパブリッシング

ミニシアター再訪〈リヴィジテッド〉

都市と映画の物語 1980-2023
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
シネマスクエアとうきゅう、岩波ホール、シネ・ヴィヴァン六本木、シネマライズ、ユーロスペース、Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座……
小さな劇場たちの“夢”の軌跡をたどった旅の記録。

1980年代初頭、
「ミニシアター」が日本の映画界に大きく花開いた。

バブル崩壊、シネコン襲来、リーマンショック、コロナ禍と、
逆風に翻弄されながらも、
新宿・六本木・渋谷・銀座・神保町・恵比寿などの街とともに
生きつづけてきたミニシアター。

同時代を並走してきた映画評論家が、
劇場や配給会社など当時の関係者たちの証言を集め、
彼らの情熱と映画への愛、数々の名画の記憶とともに、
都市と映画の「物語」をたどる著者渾身の書!

川本三郎さん(評論家)推薦!
「ミニシアターを「私の学校」として育った
 大森さわこさんの思いのこもった本書を読むと、
 あの時代に女性たちが輝いていたことに気づく」

◉本書に登場するおもな映画館
シネマスクエアとうきゅう、岩波ホール、シネ・ヴィヴァン六本木、シネマライズ、ユーロスペース、Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座、シネセゾン渋谷、銀座テアトルシネマ、シアター・イメージフォーラム、恵比寿ガーデンシネマ、シネクイント、シャンテ・シネ、吉祥寺バウスシアター、俳優座シネマテン……

◉本書に登場するおもな映画
『ミツバチのささやき』『ストップ・メイキング・センス』『眺めのいい部屋』『ゆきゆきて、神軍』『ベルリン・天使の詩』『八月の鯨』『バグダッド・カフェ』『ニュー・シネマ・パラダイス』『ナイト・オン・ザ・プラネット』『ポンヌフの恋人』『さらば、わが愛/覇王別姫』『トレインスポッティング』『バッファロー’66』『アメリ』『アメリカン・ユートピア』……
目次
まえがき──ミニシアターの旅のはじまり

第1章 未知数の1980年代──新しい夢のはじまり

 1981年|東京ミニシアター元年
 ❶新宿・シネマスクエアとうきゅう──企業のミニシアター第1号
 ❷六本木・俳優座シネマテン──初のレイトショー専門館
 ❸渋谷・パルコ・スペース・パート3──多目的ホールと映画上映

 六本木からのNEW WAVE
 ◎カルチャービル、WAVEとシネ・ヴィヴァン六本木の誕生

 渋谷の新しい可能性
 ❶ユーロスペースと『ゆきゆきて、神軍』の成功
 ❷渋谷の夜を変えた音楽映画『ストップ・メイキング・センス』

 1987年|銀座の巻き返しが始まる
 ❶シャンテ シネと『ベルリン・天使の詩』の大ヒット
 ❷シネスイッチ銀座と『ニューシネマ・パラダイス』の記録的ロングラン

第2章 ブーム到来の1990年代──ミニシアターの暑い夏

 渋谷系の流行|宇田川町の暑い夏
 ❶シネマライズ──『トレインスポッティング』現象
 ❷シネセゾン渋谷──『グランブルー』リュック・ベッソン人気
 ❸シネクイント──『バッファロー’66』ヴィンセント・ギャロ・ブーム

 渋谷の文化施設|Bunkamura登場
 ◎東急系の大人の劇場──ル・シネマ

 住宅街のミニシアター
 ◎恵比寿ガーデンシネマの始まり

 神保町の元祖ミニシアター
 ◎岩波ホールの軌跡

第3章 変化する2000年代──夢のあと、新しい船出

 ミニシアターからシネコン時代へ
 ◎テオ・アンゲロプロスの遺作『エレニの帰郷』とフランス映画社の終焉

 ミニシアター最後の日
 ❶2013年5月31日 消える映画の聖地──銀座テアトルシネマ
 ❷2014年6月10日 街の名物劇場の終わり──吉祥寺バウスシアター
 ❸2016年1月7日 渋谷の青春、最後の夜──シネマライズ

 21世紀のミニシアターをめざす
 ◎四谷三丁目から渋谷へ──シアター・イメージフォーラム始動

 コロナ禍に起きたこと
 ❶2020年 緊急事態宣言と初の休館──4館を追って
 ──Bunkamuraル・シネマ、シアター・イメージフォーラム、
   シネスイッチ銀座、ユーロスペース
 ❷2021年 ライヴ映画の思わぬ成功
 ──新生シネクイントと『アメリカン・ユートピア』のロングラン
 ❸2022年 岩波ホール閉館──54年の歴史を終えて

 パンデミック後の展望
 ◎4館を再訪する
 ──Bunkamuraル・シネマ、シアター・イメージフォーラム、
   シネスイッチ銀座、ユーロスペース

あとがき──再訪(リヴィジテッド)の旅をおえて

主な参考文献
映画作品名INDEX
映画館名INDEX
著者略歴
大森 さわこ(オオモリ サワコ oomori sawako)
映画評論家、ジャーナリスト。1980年代より評論・取材・翻訳を手がける。 著書に『ロスト・シネマ 失われた「私」を求めて』(河出書房新社)、『キメ手はロック 映画101選』(音楽之友社)、『映画・眠れぬ夜のために』(フィルムアート社)。訳書に『ウディ・オン・アレン』『ウディ』(ともにキネマ旬報社)、『カルトムービー・クラシックス』(リブロポート社)ほか。雑誌『ミュージック・マガジン』、ウェブマガジン「CINEMORE」などにも寄稿。「SCREEN ONLINE」で「大森さわこの“英国・映画人File”」を連載。 近年は英国での活動もあり、キングストン大学(ロンドン)のケン・ラッセル学会のメンバーとして、研究書ReFocus: The Films of Ken Russell(Matthew Melia編、エディンバラ大学出版局)にも寄稿。
タイトルヨミ
カナ:ミニシアター リヴィジテッド
ローマ字:minishiataa rivijiteddo

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。