近刊検索 デルタ

2020年7月3日発売

関西大学出版部

<現場>のアイドル文化論

大学教授、ハロプロアイドルに逢いにゆく。
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は、ゼミ生の卒業論文のテーマがきっかけで、ハロプロアイドルにハマった大学教授が、アイドルの〈現場〉でのさまざまな体験をもとに考察したアイドル文化論です。
いまや日本が世界に誇るサブカルチャーのコンテンツのひとつがアイドル文化です。これを考察したアイドル論自体はけっして少なくはありません。しかしながら、本書は、いわゆる〈現場〉を中心に考察したアイドル文化論なのです。
たとえば、現代のアイドルとは、もはやアイドル本人と「事務所」だけでつくられるものではありません。現在のライブやコンサート、各種のイベントは、ファンが積極的に関与してこそ成立するものなのです。アイドルオタクたちは、インターネット上やSNSでアイドルと交流し、その活動を支えています。
現在では、こうしたファンたちがアイドルと邂逅し、インタラクティヴにつくりあげていく、そのような場所のことを、〈現場〉と呼んでいます。この〈現場〉にじっさいに参加した著者が考察した、数々の貴重な観察記録であることが、本書の特徴といえます。

40代後半ではじめてアイドルに逢いにゆくことになった著者は、Hello! Projectメンバーの稲場愛香さんを追いかけて、彼女が所属するアイドルグループJuice=Juiceのライブやコンサート、バスツアー、リリースイベント、トークイベント、舞台など、さまざまな〈現場〉に足しげく通います。
これらの種々の〈現場〉体験レポートが本書にはたくさん記されていますが、Juice=Juiceが出演するドラマのエキストラに参加した体験談まで収録されています。
アイドルのライブやコンサート公演の観覧をはじめとした「未知」の体験とともに記されるのは、いわゆるハロヲタ(ハロプロアイドルヲタク)と呼ばれる人びととの出会いや交流です。ときにはサイリウムの点灯方法を教えてもらったり、ときにはコレクション商品を交換しあったり・・・・・・。
とりわけ、章ごとに付属する7本のコラム「オタクの肖像」では、著者がじっさいに交流した「ハロヲタ」の人びとについて、詳しくレポートされています。どんな職業についていたり、どのような応援のスタイルなのか、かれらの素顔も非常に興味深いです。

これらの〈現場〉レポートとあわせて、Juice=Juiceが主演したドラマ作品や原作、舞台作品、近年のアイドル自伝、現代のアイドル運営、アイドル文化と日本の高齢化社会との関係なども言及されます。
少し硬い書きかたをすると、本書は社会学の参与観察ドキュメントということになりますが、そのような小難しい専門書のスタイルではなく、読みやすさを重視した体験談風の文体で書かれています。
本書は、現在のアイドルと、それをめぐるファンコミュニティと〈現場〉のありかたを論じることで、現代日本のアイドル文化の実態を広範に論じている、稀有なサブカルチャー研究書となっています。
目次
まえがき
1.札幌へゆく
オタクの肖像1「うにたこ」さん

2.推しに逢いにゆく(Side A)
1.「ハロコン」にゆく「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 WINTER」オリックス劇場
2.トークイベントにゆく ハロショ千夜一夜 第四十八夜~稲場愛香~
3.稲場愛香さんを推す
オタクの肖像2「伸び子」さん

3.稲場愛香さんのJuice=Juice 加入
オタクの肖像3「まいこ」さんと「みさと」さん

4.推しに逢いにゆく(Side B)Juice=Juice 編
1.リリースイベントにゆく《Juice=Juice#2 -iUna más!-》発売記念イベント 東京ドームシティラクーアガーデンステージ、お台場パレットタウンパレットプラザ 
2.一言サイン会にゆく
3.トレードにゆく
4.ドラマ『歪んだ波紋』のエキストラに出演する
オタクの肖像4「貴族」さん 

5.舞台公演にゆく
1.ドラマ『武道館』
2.舞台『タイムリピート~永遠に君を想う~』
オタクの肖像5「トッシー」さん

6.スマートフォンなしのオタク活動
オタクの肖像6「つーぴょん」さん

7.卒業公演にゆく
1.Zepp Namba にゆく Juice=Juice&カントリー・ガールズ LIVE
2.川崎CLUB CITTA’にゆくJuice=Juice LIVE TOUR 2019 ~GO FOR IT!~
3.Zepp Tokyo にゆくJuice=Juice&カントリー・ガールズ LIVE~梁川奈々美 卒業スペシャル~
オタクの肖像7「幹事」さん

8.アイドルと日常

あとがき
主要参考文献・ソフト一覧
本書で言及・引用した楽曲リスト(敬称略)
著者略歴
森 貴史(モリ タカシ mori takashi)
森 貴史(もり たかし) 1970年、大阪府生まれ。Dr. phil.(ベルリン・フンボルト大学)。現在、関西大学文学部(文化共生学専修)教授。 『裸のヘッセ ドイツ生活改革運動と芸術家たち』(単著、法政大学出版局、2019年)、『踊る裸体生活 ドイツ健康身体論とナチスの文化史』(単著、勉誠出版、2017 年)、Klassifizierung der Welt. Georg Forsters Reise um die Welt.(単著、Rombach Verlag、2011 年)、『ビールを〈読む〉 ドイツの都市史と文化史のはざまで』(共著、法政大学出版局、2013年)、『SS 先史遺産研究所アーネンエルベ ナチスのアーリア帝国構想と狂気の学術』(監訳、ヒカルランド、2020年)など。
タイトルヨミ
カナ:ゲンバノアイドルブンカロン
ローマ字:genbanoaidorubunkaron

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

関西大学出版部の既刊から
中谷伸生/著・編集 村木桂子/著 桑野梓/著 施燕/著 内海寧子/著 日並彩乃/著 ほか
内田慶市/著・編集
もうすぐ発売(1週間以内)
アリス館:まはら三桃 めばち 
筑摩書房:恩田陸 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
KADOKAWA:サラブレ編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。