近刊検索 デルタ

2022年12月1日発売

水曜社

出版社名ヨミ:スイヨウシャ

百人一首 百人の物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
一人に一首、百の歌。百の歌に百人のドラマ!
古くて新しい物語が、またひとつ誕生した!

藤原定家からおよそ8世紀。“歌がるた”には顕れない、人間模様と人生の哀歓を、味読、愛翫ししつつ綴る新・注釈。

13世紀前半、藤原定家が京都小倉山の山荘で『百人一首』を選んで、およそ8世紀。小倉百人一首は「歌がるた」としても愛好され定着した。この間無数の注釈本が書かれ、現代でも研究書が引きも切らない。最初は絶対的だった作者の意図は考慮されなくなり、異説が出て校訂されれば定説となった。
こうして累積した先人たちの解釈に一石を投じるのが本書である。

百人一首の世界に魅せられた著者は、読み、味わい、そして読むことを繰り返した。そして「私はこれに賛成」と言いたくなる説が見つかる、そうすると人に知らせたくなる。どれも納得できずに、替わりに自説が出来上がることもある。その時も人に知ってもらいたいと思う……
素朴な熱情とも言える著者の発想は、これまで採られなかった行間に込められた詠み人の哀歓、かれらを翻弄した人間模様を現代に浮き上がらせる。
著者略歴
辻井 咲子(ツジイ サキコ tsujii sakiko)
愛知県立刈谷高等学校・東京教育大学(現筑波大学)芸術学科卒業。埼玉県産業技術総合センター入職後、県内中小企業の新製品開発・デザイン・企業内デザイナー育成事業に携わる。丸谷才一の『後鳥羽院第二版』に感銘を受け「百人一首」の注釈書を読み始める。2006年退職後、季刊同人誌「磊」に参加。同誌に『百人一首 百人の物語』の連載を開始。
タイトルヨミ
カナ:ヒャクニンイッシュヒャクニンノモノガタリ
ローマ字:hyakuninisshuhyakuninnomonogatari

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
書肆侃侃房:目代雄一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。