近刊検索 デルタ

2023年4月13日発売

アトリエサード

出版社名ヨミ:アトリエサード

九鬼匡規 画集 あやしの繪姿[新装版]

TH ART SERIES
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
〜こころ狂わす 美しき妖怪、怪異〜

妖怪や怪異を現代風な女性像になぞらえ、蠱惑的な美人画として描き出す――

国内外でますます人気高まる九鬼匡規(くき まさちか)。
好評を博した初画集「あやしの繪姿(えすがた)」が、カバー・オビを一新した新装版に!

*カバーに掲載の作品4点は、すべて旧版には未掲載のものです。

〜〜〜〜〜〜〜〜
妖怪や怪異をモチーフに「妖怪美人画」を描き続けている九鬼匡規。
おどろおどろしい存在を現代風な美人に置き換え、
そこに妖しげな空気感をまとわせる。

怪談では、未知なる存在への恐怖と魅惑が綯い交ぜになっているものだが、
九鬼の描く妖怪や怪異もまさに、美貌と艶めかしい仕草で観る者を惑わし、
恐れと誘惑の渦に飲み込んで幽界へ誘おうとするものだ。
(ナイトランド・クォータリーvol.23 怪談 (KWAIDAN)掲載の紹介文より)
〜〜〜〜〜〜〜〜

KUKI Masachikae likens yokai and mysteries to modern female images and draws them as enchanting paintings of beautiful women.

◎九鬼匡規 作品収録
 「楽園の美女たち Paradise Garden〜現代美人画集」
 好評発売中!
著者略歴
九鬼 匡規(クキ マサチカ kuki masachika)
3月11日、兵庫県生まれ。 独学にて2016年より活動を始める。和をテーマとし、主に妖怪や怪異を題材にした「妖怪美人画」などを製作中。艶やかでコケティッシュな魅力ある女性像に海外のファンも多い。 2017年、東京・獺画廊主催『かわうそ新人賞』にて佳作を受賞したことを契機に、毎年個展を開催するほか、百貨店や商業施設のグループ展、海外の展示会にも参加。 2020年には画集『あやしの繪姿』をアトリエサードより出版。2021年には、宇能鴻一郎『姫君を喰う話』(新潮文庫)の表紙も飾るなど、活躍の幅を広げている。
タイトルヨミ
カナ:クキマサチカガシュウアヤシノエスガタシンソウバン
ローマ字:kukimasachikagashuuayashinoesugatashinsouban

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

アトリエサードの既刊から
アトリエサード/編集 マイクル・ムアコック/著 トッド・ロビンズ/著 アレクサンダー・フォン・ウンゲルン=シュテルンベルク/著 ほか
九鬼 匡規 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
経済法令研究会:新井範子 鬼木基行 佐藤彰 新宅剛 水野みち 
早川書房:ユッシ・エーズラ・オールスン 吉田奈保子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。