近刊検索 デルタ

6月13日発売予定

アニモ出版

図解でわかる職場のハラスメント対策 いちばん最初に読む本

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1989年に「セクシャルハラスメント」(セクハラ)が流行語大賞の金賞に選ばれたのをきっかけに「ハラスメント」という言葉が日常的に使われるようになり、2001年には「パワーハラスメント」(パワハラ)、その後も「マタニティハラスメント」(マタハラ)、「パタニティハラスメント」(パタハラ)、「時短ハラスメント」(ジタハラ)などが次々と登場しています。
 ハラスメントで一番困るのは、加害者とされる側では何の意識がなくても、被害者とされる側の「受け取り方」で判断されてしまうこと。つまり、被害を受けた人が訴えればハラスメントとして認定されてしまう可能性が高いので、そう判断されないための知識と事前の対策が必要になります。
本書は、どんな言葉や行為がハラスメントに該当するのかという基礎知識から、それを防止するためのかしこい対策のしかたまで、図解と事例を交えてやさしく解説。3月に国会に上程されたパワハラ対策の強化に関する法案の内容も織り込んだ、すぐに役立つ実用本です!

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
誠文堂新光社:MJ無線と実験編集部 
コロナ社:川村貞夫 小澤隆太 塩澤成弘 吉岡伸輔 伊坂忠夫 平井宏明 ほか

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。