近刊検索 デルタ

2021年3月8日発売

敬文舎

縄紋時代史 下 生活世界の激変

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
縄文時代後期〜晩期の遺跡から冷涼期の縄文人の生活世界に迫り、来るべき弥生時代への変化を考える。
目次
[第九章] 生活世界の再構築
中期から後期へ 
後期前葉
[第一〇章] 階層化指向の社会
後期中葉以降の生活世界
三四〇〇年前の変動(3・4ka現象)
西日本の後期の世界
[第一一章] 冷涼気候下の生活世界
低地の開発
河川景観
死者の世界
北方猟漁民
[第一二] 縄紋世界の終焉
亀ヶ岡式期
冷涼期の対応
縄紋から弥生へ
著者略歴
安斎正人(アンザイマサヒト anzaimasahito)
1945年、旧満州生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。元東北芸術工科大学東北文化研究センター教授。 縄紋文化の変化と気候変動との関連を考えている。
タイトルヨミ
カナ:ジョウモンジダイシ ゲ セイカツセカイノゲキヘン
ローマ字:joumonjidaishi ge seikatsusekainogekihen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

敬文舎の既刊から
植松國雄/著
西谷地晴美・西村さとみ・田中希生/著
もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
えにし書房:マーガレット・マクミラン 真壁広道 
玄光社:CMNOW編集部 大塚素久(SYASYA) 
講談社:藤本ひとみ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。