近刊検索 デルタ

2020年7月1日発売

瑞雲舎

歌がにがてな人魚

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
人魚と言ったら髪が金色で、甘くすんだ声で歌をうたうと思うでしょう? 勿論そうなのですが、中に一人だけ髪が赤くて、歌が苦手な人魚がいました。あまりにひどい歌声なので、いつもは皆と一緒に歌うことができません。ところが、ある日、大事件がおきそうになったのです。そして、歌のにがてな人魚のそのひどい歌声が、みんなを助けることになりました。苦手なことも素敵なことに変わります。
著者略歴
ルイス・スロボドキン(ルイススロボドキン ruisusurobodokin)
ルイス・スロボドキン ニューヨークに生まれ。エスティスの「モファットきょうだい」シリーズに挿絵を描いたのをきっかけに、子どもの本を手がけるようになる。『たくさんのおつきさま』(徳間書店)でコルデコット賞を受賞。作品に『てぶくろがいっぱい』(偕成社)、『さかさ町』(岩波書店)、『おうさまのくつ』『カルペパー一家のおはなし』『ふたごのカウボーイ』『ヤナギ通りのおばけやしき』(いずれも小舎刊)など多数。
小宮由(コミヤユウ komiyayuu)
小宮由 東京都生まれ。翻訳家。東京・阿佐ヶ谷で家庭文庫「このあの文庫」を主宰。祖父は、トルストイ文学の翻訳家 北御門二郎。主な訳書に『さかさ町』「テディ・ロビンソン」シリーズ(以上、岩波書店刊)、『ちいさなメリーゴーランド』『おうさまのくつ』『ふたごのカウボーイ』『ねむれないおうさま』『あおいジャッカル』(以上、小舎刊)など多数。
タイトルヨミ
カナ:ウタガニガテナニンギョ
ローマ字:utaganigatenaningyo

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

瑞雲舎の既刊から
ルイス・スロボドキン/著 小宮由/翻訳
レオーネ・アデルソン/著 ロジャー・デュボアザン/イラスト こみやゆう/翻訳
ケネス・クレーグル/著 津森優子/翻訳
ルイス・スロボドキン/著 小宮由/翻訳
おはなしのWA♪/著 氏峯麻里/イラスト
本日のピックアップ
大蔵財務協会:望月文夫 
大蔵財務協会:椎谷晃 
草思社:山口真一 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。