近刊検索 デルタ

10月5日発売予定

桜山社

北斗星に乗って

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
上野発の夜行列車・寝台特急「北斗星」がつなぐ8つの短編小説。
青く美しいこの列車は、僕をもう一つの世界へ運んでくれる。
目次
・週末のサラリーマン
・美唄市の夫婦
・上京する新社会人
・名古屋の新婚さん
・おばさんの集団
・少年と父
・早期退職をしたおじさん
・酪農家の跡取り
著者略歴
広小路 尚祈(ヒロコウジ ナオキ hirokouji naoki)
1972年、愛知県岡崎市に生まれる。高校卒業後、ホテル従業員、清掃作業員、タクシー運転手、不動産業、消費者金融など、10種類以上の職種を経験する。2007年、「だだだな町、ぐぐぐなおれ」が第50回群像新人文学賞優秀作に選ばれた。2010年、「うちに帰ろう」が第143回芥川賞候補、2011年、「まちなか」が第146回芥川賞候補。著書に『うちに帰ろう』(文藝春秋)、『清とこの夜』(中央公論新社)、『金貸しから物書きまで』(中公文庫)、『いつか来る季節』(桜山社)、『今日もうまい酒を飲んだ』(集英社文庫)など。
タイトルヨミ
カナ:ホクトセイニノッテ
ローマ字:hokutoseininotte

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
鳥影社:山上一 
集英社:深緑野分 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。