近刊検索 デルタ

2024年3月1日発売

万平BOKS

万平BOKS1

シラの恋文/エリゼのために
万平BOKS
万平BOKS
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
北村想作品のペーバーバックシリーズ「万平BOKS」始動!
第1弾はシス・カンパニーへの書き下ろし戯曲『シラの恋文』(2022年)と、1989年に発表した同名戯曲を小説化した『エリゼのために』(2015年)を収録。練り込まれたプロットと軽妙洒脱な文章が織りなす、北村ワールド全開の一書。
目次
戯曲『シラの恋文』
小説『エリゼのために』

解説:岡野宏文
著者略歴
北村 想(キタムラ ソウ kitamura sou)
劇作家・演出家・小説家。1952 年生まれ。滋賀県出身。1979 年に発表した『寿歌』は、1980 年代以降の日本の小劇場演劇に大きな影響を与えた。1984年『十一人の少年』で第28 回岸田國士戯曲賞、1990 年『雪をわたって…第二稿・月のあかるさ』で第24 回紀伊國屋演劇賞個人賞、1997 年ラジオ・ドラマ『ケンジ・地球ステーションの旅』で第34 回ギャラクシー賞、2014 年『グッドバイ』で第17 回鶴屋南北戯曲賞を受賞。現在までの執筆戯曲は200曲をこえる。また、小説『怪人二十面相・伝』は、『K-20 怪人二十面相・伝』として映画化されるなど、戯曲だけでなく、小説、童話、エッセイ、シナリオ、ラジオドラマ、コラムなど、多才な創作を続けている。現在は、主にシス・カンパニーに書き下ろしを提供しているが、加藤智宏(office Perkypat)との共同プロデュース公演(新作の、作・演出)も始動している。2013年『恋愛的演劇論』(松本工房)を上梓。2020 年に第73 回中日文化賞を受賞。
タイトルヨミ
カナ:マンペイボックス イチ
ローマ字:manpeibokkusu ichi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。