近刊検索 デルタ

8月15日発売予定

アジュマ

出版社名ヨミ:アジュマ

にゃっ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「ねこちゃんだ! つかまえたいな」フランス発小さな子どもが初めて「同意」と「他者の尊重」を猫との交流で学ぶことができる画期的な絵本。誰に対しても、同意や身体と意思の尊重といういちばん先に身につけてもらいたいことが子どもの目線でおはなしが進みます。そして語り手の子どもの姿は登場しません。そのため、ジェンダーが特定されず、男の子でも女の子でも自分を投影しながら読むことができる作品です。ポーランドでも出版され、幼少期の思考を育む本書は、何度でも読み聞かせてあげたくなる愛おしい一冊になるはずです。
著者略歴
クレール・ガラロン(クレール ガラロン kureeru gararon)
クレール・ガラロン Claire Garralon 1963年生まれのフランスの絵本作家。ボルドー美術学校、トゥールーズ大学造形芸術学部でアートを学んだのち、イラストレーター、グラフィック・デザイナーとして活躍。
北原 みのり(キタハラ ミノリ kitahara minori)
北原 みのり Kitahara Minori 作家、女性のためのプレジャーグッズショップ「ラブピースクラブ」を運営する(有)アジュマ代表。2021年アジュマブックススタート。希望のたね基金理事。デジタル性暴力などの相談窓口NPO法人ぱっぷす副理事長。著書に『日本のフェミニズム』(河出書房新社刊)など多数。
タイトルヨミ
カナ:ニャッ
ローマ字:nyaッ

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
止められるか俺たちを 暴走族写真集
日本には暴走族がいる

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
経団連出版:楠山精彦 和田まり子 NPO法人キャリアスイッチ 
河合出版:河合塾数学科 
ポプラ社:塚本やすし 
河出書房新社:米本浩二 
SBクリエイティブ:千羽十訊 ミュシャ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。