近刊検索 デルタ

2020年9月4日発売

宝島社

霊能師・稜ヶ院冬弥 憑かれた屋敷の秘密

宝島社文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
小説投稿サイト「エブリスタ」の人気作品がついに文庫化! G県の山奥にある呪いの廃神社。肝試しで友人とともにそこに訪れた大学生・狭山心愛は、社の中で苦しげな女性の声と赤子の泣き声を聞き、“何か”に追いかけられる。心愛は逃げ切ることに成功するが、友人の一人は逃げ遅れ、いなくなってしまった。後日彼は意識不明の重体で発見され、さらに、同行したほかの友人の様子も異変が表れ――。追い詰められた心愛の相談を受けたのは、同じ大学に通う稜ヶ院冬弥(りょうがいんとうや)。霊能力の持ち主であり、心霊にまつわる何でも屋“霊能師”である彼は、居候の妖怪・孤月とともに調査に繰り出すことに。しかし、廃神社に取り憑いていたのは単なる幽霊ではなく……。
著者略歴
八歌(ヤカ yaka)
タイトルヨミ
カナ:レイノウシリョウガイントウヤツカレタヤシキノヒミツ
ローマ字:reinoushiryougaintouyatsukaretayashikinohimitsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
日本評論社:升永英俊 
学文社:角南なおみ 
技術評論社:金谷敏尊 甲元宏明 三浦竜樹 中村孝 内山悟志 舘野真人 マーク・アインシュタイン 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。