近刊検索 デルタ

2021年9月30日発売

祥伝社

サステナブル資本主義 5%の「考える消費」が社会を変える

単行本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
投資家マインドを持った消費の力で
日本は世界のリーダーになれる

経済を拡大させ、労働分配率を引き上げる
そのために消費者ができること

ユニコーン企業などに200億円投資し、
成長企業を支援する経営・投資のプロが
現場からSDGs時代のヒントを導き出す

新たな社会改革のうねりが起きています。
いかにテクノロジーを社会実装していくかといううねりです。
同じように金融の世界でも、新たな改革の必要性が叫ばれています。
イノベーションと資本主義の変革の必要性がここまで叫ばれる時代は、
もう最初で最後かもしれません。(「はじめに」より一部抜粋)
著者略歴
村上 誠典(ムラカミ タカフミ murakami takafumi)
村上誠典(むらかみ・たかふみ) 1978年、兵庫県生まれ。シニフィアン株式会社共同代表。 東京大学・宇宙科学研究所(現JAXA)を経て、ゴールドマン・サックス証券に入社。 東京・海外オフィスにてM&A、資金調達、IR、コーポレートファイナンスの 専門家としてグローバル企業の戦略的転換を数多く経験。 2017年に「未来世代に引き継ぐ産業創出」をテーマにシニフィアンを創業。 200億円の独立系グロースキャピタルを通じたスタートアップ投資や経営支援、上場 /未上場の成長企業向けのアドバイザリーを行なう。
タイトルヨミ
カナ:サステナブルシホンシュギ ゴパーセントノカンガエルショウヒガシャカイヲカエル
ローマ字:sasutenaburushihonshugi gopaasentonokangaerushouhigashakaiokaeru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
中央公論新社:中村圭志 
アリス館:やまぐちりりこ 土屋富士夫 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。