近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
西洋音楽史上の一大傑作でありながら、いまだ多くの謎に包まれた《ヨハネ受難曲》。度重なる改稿の末、作曲家が残したメッセージをバッハ研究の権威が読み解く。
著者略歴
礒山 雅(イソヤマ タダシ isoyama tadashi)
1946‐2018年。音楽学者。東京大学文学部および、同大学院修士・博士課程で、美学藝術学を学ぶ。学術博士(国際基督教大学)。国立音楽大学教授を経て、同音楽研究所所長、2006年日本音楽学会会長、サントリー芸術財団理事、いずみホール音楽ディレクターなどを歴任。1988年バッハの研究により辻荘一賞受賞、『マタイ受難曲』で京都音楽賞・研究部門賞受賞。2018年度、第31回ミュージック・ペンクラブ音楽賞研究・評論部門受賞。2018年国際基督教大学より博士号を授与される。著書に『マタイ受難曲』『モーツァルト』(ちくま学芸文庫)、『バッハ=魂のエヴァンゲリスト』『バロック音楽名曲鑑賞事典』(講談社学術文庫)、『バロック音楽』(NHKブックス)、『J.S.バッハ』(講談社現代新書)など多数。
タイトルヨミ
カナ:ヨハネジュナンキョク
ローマ字:yohanejunankyoku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

筑摩書房の既刊から
岩間輝生/編集 佐藤弘善/編集 嶋田龍司/編集
平山洋介/著
内田百閒/著 小川洋子/編集
戸田山和久/著
クラウディア・ヴァーホーヴェン/著 宮内悠介/翻訳
礒山 雅 最近の著作
本日のピックアップ
ミネルヴァ書房:大豆生田啓友 三谷大紀 
ミネルヴァ書房:ミネルヴァ書房編集部 
ミネルヴァ書房:浦野郁 奥村沙矢香 
CQ出版:瀬川毅 宮崎仁 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。