近刊検索 デルタ

2019年6月12日発売

日本経済新聞出版社

可動域を広げよ

日経プレミアシリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
○人生100年時代と言うけれど、増えた可処分時間をどう過ごすかで明暗がわかれてしまう。日がなテレビとごろ寝で過ごすか、次々とやりたいことが生まれ、挑戦をし続けられるかは、ひとえにその人がどこまで柔軟でいられるかに関わってくる。本書は「可動域」をキーワードに、人生100年時代の生き方、学び方を伝授するもの。

○著者の大学院時代の最初の論文は「硬さの研究」だった。人というのは放っておくと心身とも固くなっていく。赤ちゃんは基本的に柔らかく、可動域も広い。そして何にでも興味を示す。それが、だんだん年齢を重ね、青年期を経て、人生半ばをすぎると、身体とともにいろいろなものが固くなる。交際範囲は狭まり、行動パターンや発想も型どおりになり、最終的に死を迎える。

○赤ちゃんや青年時代のような、柔軟な心と行動を取り戻すには、まず身体から動かしていくのがいい。息を吐いて身体を緩ませる。「痛きもちいい」ぐらいまで関節を広げてその実感を味わう。

○身体のウオーミングアップをしたところで、可動域を広げるには二つの方法がある。一つは自分の得意領域から始め、少しずつ広げる(第2章)、偶然を逃さず「離島」に飛び移って、新しいことに挑戦する(第3章)である。

○第4章では可動域が広がる読書術(「ハブ本読書」)、第5章では、病気やケガ、異動や失職などの逆境を、可動域が広がるチャンスにする法、第6章では可動域を加速度的に広げることに成功した達人たちの事例を紹介する。
目次
序 章 「人生100年」をどう過ごすか

第1章 可動域を身体で実感しよう

第2章 あなたの視野は、まだまだ狭い

第3章 可動域は挑戦する者に微笑む
     
第4章 「偶然の出会い」が脳を刺激する

第5章 関心領域を広げる「ハブ本」読書術

第6章 「逆境」は可動域を広げるチャンス

終 章 あなたが変われば世界も変わる

あとがき 日本人の可動域は意外に広い

付録 あなたの「人生100年」は大丈夫?--可動域チェックリスト30
著者略歴
齋藤孝(サイトウタカシ)
明治大学文学部教授 1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒。同大学院教育学研究科博士課程を経て現職。専門は教育学、身体論、コミュニケーション技法。TBSニュースキャスターレギュラーコメンテーター。著作の累計発行部数は1千万部を超える。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

日本経済新聞出版社の既刊から
李開復/著 上野元美/翻訳
矢野誠/著・編集 クリスダイ/著・編集 増田健一/著・編集 岸本吉生/著・編集 スティーブン・プー/著 ほか
新井健一/著
本日のピックアップ
金子書房:ダッレ・グラーヴェ 吉内一浩 山内敏正 サルティラーナ エル・ゴッチ ほか
北大路書房:道野真弘 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。