近刊検索 デルタ

2022年10月7日発売

芸艸堂

出版社名ヨミ:ウンソウドウ

神坂雪佳 2023年版 カレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
明治42(1909)~43(1910)年に芸艸堂から出版された、全3巻からなる木版摺画集『百々世草(ももよぐさ)』。
琳派ファン、日本美術ファンからの人気はもちろん、海外でも高い評価を得ており、2001年にはエルメスの雑誌『LE MONDE D`HERMES』でも特集されました。
近年全国を巡回する大規模回顧展が開催され、2022年10月29日からは東京のパナソニック汐留美術館にて「つながる琳派スピリット 神坂雪佳展」が開幕します。画集の中から月毎に愛らしい絵柄を12図を選び、カレンダーに仕立てました。
著者略歴
神坂雪佳(カミサカセッカ kamisakasekka)
神坂雪佳 (1866~1942) 京都に生まれ、本名は吉隆。四条派の鈴木瑞彦に師事し、のち岸光景の門に入り図案を学びます。光悦光琳派の画家であり、漆器や染織など工芸作品の原図制作や室内装飾を手掛け、多数の図案集を刊行しました。 雪佳は欧州を歴訪してアールヌーヴォーの形式を取り入れるなどした作風は独自の境地を拓く者として、欧米で熱い賛美を浴びました。また、わが国の近代工芸に曙光を与え、その後の発展に大きく貢献。その作品は今日もなお、とりわけ欧米で高く評価され、「ル・モンド・エルメス」38号の表紙と巻頭12ページを飾っています。雪佳の作品には現代の一流ブランドさえ魅了する斬新な意匠美の世界が、今も変わることなく息づいています。
タイトルヨミ
カナ:カミサカセッカ ニセンニジュウサンネンバン カレンダー
ローマ字:kamisakasekka nisennijuusannenban karendaa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
論創社:岡崎広樹 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
原書房:高尾栄司 
palmbooks:赤染晶子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。