近刊検索 デルタ

2013年12月20日発売

耕文舎

四つのエーテル

耕文舎叢書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
<生きているもの>のあり方をそのまままるごと捉えるためには、物質的なものの観察に一面的に偏ることなく、生命を生み出し支えている<エーテル的なもの>の働きをこそ観察していかなければなりません。本書は、シュタイナーが見出した<四つのエーテル>の働き ― 感覚界に時間を生み出し(熱エーテル)、空間をつくり出し(光エーテル)、分離しているものを結びつけ(音エーテル)、一つの統一体をつくり出す(生命エーテル)働き ー を、自然界のなかに観察していく試みを記したものです。
アントロポゾフィーにおいては、このような観察から得られた知見が、医学、教育、農業など多くの分野で、すでに実践的に用いられています。
目次
はじめに
Ⅰ、エーテル的形成諸力と諸エーテルとの必然的な相違
Ⅱ、四つのエーテル
Ⅲ、四つのエーテルの共働
著者略歴
エルンスト・マルティ(エルンスト マルティ erunsuto maruti)
石井秀治(イシイ シュウジ ishii shuuji)
タイトルヨミ
カナ:ヨッツノエーテル
ローマ字:yottsunoeeteru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

耕文舎の既刊から
エルンスト・マルティ/著 石井秀治/訳
カール・ケーニヒ/著 石井秀治/訳
ヤン-ピーターファンデルシュティーン/著 石井秀治/訳
エルンスト・マルティ/著 石井秀治/翻訳
ジョージ・アダムス/著 オリーヴ・ウィチャー/著 石井秀治/訳
もうすぐ発売(1週間以内)
筑摩書房:恩田陸 
アリス館:まはら三桃 めばち 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
KADOKAWA:サラブレ編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。