近刊検索 デルタ

2020年10月20日発売

青弓社

「戦時昭和」の作家たち

芥川賞と十五年戦争
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1935年(昭和10年)の芥川賞の創設をひとつの文学的事件として、受賞作を銃後/外地/皇民化の視点から読み解き、「戦時昭和」期の国内の作品や外地の文学がどう受け止められたのか、作家たちの人間模様も緻密に考察して、文学と社会の相互浸透を解明する。
目次
まえがき

序 章 三つの死――芥川龍之介、小林多喜二、北一輝
 1 芥川龍之介の死
 2 小林多喜二の死
 3 北一輝の死

第1章 文芸懇話会と芥川賞の出発
 1 文芸懇話会の発足
 2 直木とは何だったのか
 3 第一回文芸懇話会賞
 4 中野重治の苛立ち
 5 「新日本文化の会」発足
 6 林達夫の「絶望」

第2章 室生犀星の一九三〇年代後半(昭和十二年前後)――小説「大陸の琴」を中心に
 1 時代を映す「流行(ルビ:はやり)唄」
 2 文学と戦争のあいだ
 3 「大陸の琴」の世界
 4 外縁から日本の中心へ
 5 膨張延伸する最前線へ
 
 
第3章 芥川賞と時代1:銃後の生活――統制と総動員
 1 出征と恋情
 2 英霊と戦争未亡人
 3 統制経済の整備
 4 不敬作品狩り
 5 戦時に暮らす外国人

第4章 芥川賞と時代2:「外地」の日本人――経験としての植民地
 1 作者は出征中
 2 小林と戦争
 3 現地女性との交渉
 4 「現地文学」の出現
 5 植民地支配者
 6 「現地」の不可解を超えて
 7 民族の問題をながめる日本人

第5章 芥川賞と時代3:「皇民化」の諸相――帝国における「民族」
 1 朝鮮人中学生の苦悩
 2 どの方向に生きるか
 3 内地の朝鮮人
 4 軍事動員へ向けて
 5 徴兵制の実施
 6 李光洙の涙

第6章 佐藤春夫の奇妙な友情――『風雲』から「旧友に呼びかける」へ
 1 一九四五、年頭
 2 一九四五、「玉音」後
 3 短篇集『風雲』の世界:1
 4 短篇集『風雲』の世界:2
 5 郁達夫と郭沫若の怒り
 6 一九四五、年末

第7章 書くこと/読まれること――太宰治『惜別』の場合
 1 太宰の冒険
 2 日露戦争と現在
 3 引用された魯迅と作家の使命
 4 幻灯事件と仙台の「先代萩」
 5 竹内説と小説化
 6 新たな強制力のなかで

終 章 「惨敗」日本と「惨勝」中国の戦後スタート――「リンゴの唄」と上海の堀田善衛
 1 戦後初の映画『そよかぜ』主題歌
 2 歌声の落差
 3 中国、勝利の現実
 4 「終戦」からのスタート

関係年表

初出一覧

あとがき

人名索引
著者略歴
永吉 雅夫(ナガヨシ マサオ nagayoshi masao)
1951年、兵庫県生まれ。追手門学院大学教授。専攻は日本文学。共著に『アジアの都市と農村』『上海アラカルト』(ともに和泉書院)、『近世と近代の通廊――十九世紀日本の文学』(双文社出版)、論文に「昭和十年代という時代――芥川賞作品から見る(1)」「戦時社会の状況と文学――芥川賞作品から見る(2)」(ともに「追手門学院大学国際教養学部紀要」第13号)ほか。
タイトルヨミ
カナ:センジショウワノサッカタチ
ローマ字:senjishouwanosakkatachi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

青弓社の既刊から
伊東達也/著
嶋﨑尚子/著 新藤慶/著 木村至聖/著 笠原良太/著 畑山直子/著
相澤真一/著 髙橋かおり/著 坂本光太/著 輪湖里奈/著
もうすぐ発売(1週間以内)
アリス館:まはら三桃 めばち 
筑摩書房:恩田陸 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
KADOKAWA:サラブレ編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。