近刊検索 デルタ

2022年8月26日発売

青土社

出版社名ヨミ:セイドシャ

伽羅を焚く

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
明けても暮れても目に見えない靄の中を動いているような日々――梅雨の晴れ間のゼラニュウムの緋。
広島の被爆者としての、国策への懐疑、不満、さらには怒り。
編集者、作家として、93 年の生涯をかけて「言葉」に関わってきた著者が、為政者の口説に失望をしながら、それでも書き留め続けた渾身のエッセイ集。
著者略歴
竹西寛子(タケニシヒロコ takenishihiroko)
タイトルヨミ
カナ:キャラヲタク
ローマ字:kyaraotaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

青土社の既刊から
ハリー・ルーベンホールド/著 篠儀直子/翻訳
アンジェラ・マクロビー/著 田中東子/翻訳 河野真太郎/翻訳
鄭炳浩/著 金敬黙/翻訳 徐淑美/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
株式会社 世界文化社:ズラータ・イバシュコワ 
論創社:入吉弘幸 
主婦と生活社:椎隆子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。