近刊検索 デルタ

2021年8月3日発売

へるす出版

小児版 臓器提供ハンドブック

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
子どもの脳死下臓器提供。大切な想いを、確かに叶えるために。
重症患児の搬入から、家族への病状説明と意思決定のサポート、そして臓器摘出術後の対応まで、小児例における脳死下臓器提供のプロセスに沿ったシーンごとに、提供施設の目線でポイントを解説。回復の見込みの評価や判断、悲嘆する家族へのケア、被虐待児の除外など、小児事例特有の要素にも焦点を当てて丁寧に。さらに、シーンごとに挿入されたオールカラーのマンガを読めば、臓器提供に至る時系列がストーリーに沿って理解できる。
目次
Ⅰ章 シーン別解説

シーン0  院内体制の構築
シーン1  小児の急性期重症患者とその家族の支援
シーン2  回復が見込めない小児患者の把握
シーン3  回復が見込めない病状の説明と家族対応
シーン4  NWCo,都道府県Co との連携
シーン5  脳死とされうる状態の判断
シーン6  被虐待児の除外
シーン7  家族への情報提供
シーン8‒1 小児における法的脳死判定
シーン8‒2 小児における脳波検査
シーン8‒3 小児における無呼吸テスト
シーン9  臓器摘出の準備から摘出術まで
シーン10  摘出術後の看取りと家族支援
シーン11  臓器提供終了後

Ⅱ章 小児例でとくに重要な知識・視点

1 小児の終末期に関する現状・課題
2 小児の脳死下臓器提供における看護師の役割
3 小児の脳死下臓器提供における医療ソーシャルワーカーの役割
4 臓器提供に関する院内教育とチームづくり
5 小児における法的脳死判定に関する補足事項
6 いのちに向き合う中学・高校・大学の授業
7 移植医療に向き合った家族の立場から
著者略歴
令和元年度厚生労働科学研究費補助金移植医療基盤整備研究事業「小児からの臓器提供に必要な体制整備に資する教育プログラムの開発」研究班(レイワガンネンドコウセイロウドウカガクケンキュウヒホジョキンイショクイリョウキバンセイビケンキュウジギョウショウニカラノゾウキテイキョウニヒツヨウナタイセイセイビニシスルキョウイクプログラムノカイハツ reiwagannendokouseiroudoukagakukenkyuuhihojokinishokuiryoukibanseibikenkyuujigyoushounikaranozoukiteikyounihitsuyounataiseiseibinishisurukyouikupuroguramunokaihatsu)
タイトルヨミ
カナ:ショウニバン ゾウキテイキョウハンドブック
ローマ字:shouniban zoukiteikyouhandobukku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

へるす出版の既刊から
令和元年度厚生労働科学研究費補助金移植医療基盤整備研究事業「小児からの臓器提供に必要な体制整備に資する教育プログラムの開発」研究班/監修
海道利実/著
大学病院の緩和ケアを考える会教育部会/著・編集
もうすぐ発売(1週間以内)
プレジデント社:
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
朝日新聞出版:伊坂幸太郎 
白夜書房:紺野貴子 小林美咲 米本英美 
日本実業出版社:中川右介 
ジャムハウス:弁護士法人戸田総合法律事務所 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。