近刊検索 デルタ

2018年12月7日発売

松籟社

ネムレ!

フランダースの声
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
オランダ語圏で高い人気を誇る作家アンネリース・ヴェルベーケ、彼女を一躍有名にした鮮烈のデビュー作。

極度の不眠症に陥ったマーヤ。酒も薬も、カウンセリングも彼女を救うことはできない。
眠れない苦しみを抱え、眠れる人々への怒りに駆られて、夜の街をさまようマーヤ。
その彷徨のはてに、「仲間」となるひとりの中年男と出会い――

ベルギーにおけるオランダ語文学の「現在」を紹介するシリーズ「フランダースの声」第三弾。
著者略歴
アンネリース・ヴェルベーケ(ヴェルベーケ アンネリース)
(Annelies Verbeke, 1976- ) 作家、コラムニスト、脚本家。ゲント大学でゲルマン文学を、ブリュッセルの芸術系高等専門学校リッツで脚本を学ぶ。2003年に刊行した長編小説第一作『ネムレ!』によってフランダース新人賞はじめ数々の文学賞を受賞、一躍人気作家となる。その後、『巨人Reus』(2006)などの長編や『ハレルヤHallelujah』(2017)などの短編集を刊行、またシナリオやコラムなどの執筆活動も精力的に行っている。 公式サイト http://www.anneliesverbeke.com/
井内 千紗(イノウチ チサ)
2012年大阪大学大学院言語文化研究科博士後期課程単位取得退学。現在は国際短期大学他で英語関連科目の講義を担当する傍ら、ベルギー・オランダ語圏の言語文化や文化政策について研究している。 フランダースセンター(現アーツフランダース・ジャパン)のフランダース文学翻訳セミナー(2010年/2011年)に参加後、2013年刊行の現代ベルギー小説アンソロジー『フランダースの声』(松籟社)ではアンネリース・ヴェルベーケの短編『グループでスキップ』の翻訳を担当した。その他、オランダ語脚本の翻訳なども手がけている。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

松籟社の既刊から
相関図書館学方法論研究会/編著 吉田右子/著 川崎良孝/著
斎藤彩世/著
田中慶子/著 中根光敏/著
文貞實/編著 伊藤泰郎/著 内田龍史/著 北川由紀彦/著 山口恵子/著 崔博憲/著 ほか
本日のピックアップ
創元社:ロジャー・ムーアハウス 千葉喜久枝 
ミネルヴァ書房:石崎嘉彦 厚見恵一郎 
技術評論社:松下孝太郎、山本光 
金子書房:水野治久 木村真人 飯田敏晴 永井智 本田真大 

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。