近刊検索 デルタ

2022年5月19日発売

松籟社

出版社名ヨミ:ショウライシャ

ルーマニア、ルーマニア

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
四十を過ぎて一念発起、ルーマニア語の世界に飛び込んだ著者。たちまちこの情感豊かな言語と、それが紡ぎだす詩や小説の虜になる。爾来四十数年、訳した作品は数知れず。ミルチャ・エリアーデの主要小説をはじめ、リビウ・レブリャーヌ、ミルチャ・カルタレスクからルーマニアの民話やバラード、SFにいたるまで、手がけた翻訳の解説・解題をまとめた本書は、ルーマニアの文学世界への格好の導きとなる。著者のルーマニア愛が溢れる一冊。
目次
はじめに 松本からブカレストまで

第一部 ルーマニア文学雑考
近代ルーマニア文学史概観─『東欧の想像力』より
ウルムズ、場違いのシュルレアリスト
リビウ・レブリャーヌと『大地への祈り』
リビウ・レブリャーヌ『処刑の森』
知られざるホロコースト
マリン・プレダ
アデラ・ポペスク詩集『私たちの間に─時間』
パウル・ゴマ『ジュスタ』
ミルチャ・カルタレスク『ぼくらが女性を愛する理由』
ミルチャ・カルタレスク『ノスタルジア』
ブロンドの巻き毛─わがルーマニアSF事始め─
ギョルゲ・ササルマン『方形の円』
ルーマニア民話の世界
ルーマニアのバラード

【コラム】「名前の日」とお国ぶり/ルーマニア語の敬語

第二部 エリアーデに導かれて
ルーマニア精神の星エリアーデ
ミルチャ・エリアーデの幻想
ミルチャ・エリアーデの神秘文学の秘密─『19本の薔薇』の文学的遺言をめぐって
『令嬢クリスティナ』
ミルチャ・エリアーデと妖精たちの間
あるルーマニア人─ミルチャ・エリアーデのパリ時代
永遠への告白
『エリアーデ幻想小説全集』〈第一巻〉 解題
『エリアーデ幻想小説全集』〈第二巻〉 解題
『エリアーデ幻想小説全集』〈第三巻〉 解題
『迷宮の試煉』

【コラム】映画「コッポラの胡蝶の夢」

おわりに
著者略歴
住谷 春也(スミヤ ハルヤ sumiya haruya)
1931年群馬県生まれ。東京大学文学部卒業。出版社勤務を経て、ルーマニアに留学し、ブカレスト大学文学部博士課程修了。以後、ルーマニア文学の研究・翻訳に専念。 リビウ・レブリャーヌ『大地への祈り』(1985年日本翻訳者協会特別翻訳功労賞)、同『処刑の森』、ザハリア・スタンク『ジプシーの幌馬車』(いずれも恒文社)、ミルチャ・エリアーデ『令嬢クリスティナ』『妖精たちの夜』『マイトレイ』『エリアーデ幻想小説全集・全3巻』(いずれも作品社)、ミルチャ・カルタレスク『ぼくらが女性を愛する理由』(松籟社)『ノスタルジア』(作品社)、ギョルゲ・ササルマン『方形の円』(東京創元社)、パウル・ゴマ『ジュスタ』など訳書多数。 2004年、ルーマニア文化功労コマンドール勲章受章。2007年、ナサウド市名誉市民。
タイトルヨミ
カナ:ルーマニアルーマニア
ローマ字:ruumaniaruumania

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

松籟社の既刊から
奥彩子/編 鵜戸聡/編 中村隆之/編 福嶋伸洋/編
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
筑摩書房:アンドレイ・タルコフスキー 鴻英良 
講談社:小砂川チト 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。