近刊検索 デルタ

2020年7月1日発売

Clover出版

小さな会社の儲けの仕組みの教科書

低成長時代生き残る「筋肉質経営」の原理・原則
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
中小企業の持続的成長を叶える1冊!

「小さな会社」が知っておくべき
「潰さない経営」の極意。

すぐにマネできて効果抜群のノウハウと、
多くのページを割いて紹介する具体事例。

ずっと手元に置いて活用できる
小さな会社のための経営指南バイブル!

低成長時代でも着実に利益を上げるための戦略と方策を提案する!

以下の要件に当てはまる人に特におすすめ!!

「外部環境や景気変動の影響を受けにくい体質の会社を目指す経営者」
「成熟市場で利益確保に悩んでいる経営者」
「売上拡大の手を打ち、売上は伸びているが利益が出ない経営者」
「下請けから脱却したい経営者」
「先代のビジネスモデルを転換したい二代目経営者」
「これから起業する人」

***

大小問わず、すべての企業が目指す姿、
それは「持続的な成長」。
言い方を変えると「潰さない経営」。

しかし、それは簡単なことではない。

世の流れは産業の成熟化による
低成長時代に突入していること。

そして成長の控えめさとは逆に
外部変化は非常に活発であること。

成長するのは難しいのに
安定経営を阻むかのように激しい変化にさらされている。

大企業ですら安泰ではないのに
中小企業はどうしたらいいのか。

その答えが本書。
『小さな会社の儲けの仕組みの教科書』

本書は「小さな会社」に特化した、
「筋肉質な経営体質」の作り方を
2つのポイントで指南する経営虎の巻。

大切なことはたった2つ。
しかもきわめてシンプル!

まず2つの問いかけを習慣化してほしい。

「きちんとお金が残る仕組みをつくっていますか?」

「絶対負けない土俵で勝負していますか?」

この質問に「イエス」と答えられるようにするだけでいい。
それだけで持続的に成長できる会社に生まれ変わる。

本書では「イエス」と答えらるようになるための
論旨明瞭でわかりやすい解説、具体的なノウハウが満載。

ニッチトップ戦略パートナーとして
200社以上の利益改善の実績を誇る著者だから可能な
具体的な事例もページを多く割いて多数紹介している。
事例集としても読みごたえのある一冊。

「小さな会社応援選書!」第1弾
『小さな会社の「安定経営」の教科書』と
合わせて読むと効果は抜群!!
目次
はじめに

第一章 利益のメカニズムと利益感度

利益が生まれるメカニズムについて
1利益は企業継続の条件
2売上・利益の構造を図で理解する

経営の実態を把握する
1簡単にわかる損益分岐点
2直接原価計算なら経営の実態が見えてくる

利益感度について
1利益感度とは?
2固定費型ビジネスと変動費型ビジネス
3値引きはこんなに恐ろしい
4現状を分析し、利益改善に向けた手を打つ

第二章 利益を増やすための基本戦略

単価アップの戦略
1顧客単価アップの考え方
2商品単価を上げる―価値に見合う価格を設定する
3商品単価を上げる―モノ+コト(サービス)
4商品単価を上げる―前後工程の取り込み
5商品単価を上げる―アップセル
6商品の購入数を増やす―クロスセル
7商品の購入数を増やす―パッケージ化

数量アップの戦略
1数量アップの考え方
2顧客数を増やす
3購入頻度を増やす―シェア拡大を図る
4購入頻度を増やす―ストックビジネス

変動費率ダウン(限界利益率アップ)の戦略
1コストダウンの注意点
2利は元にあり
3製造業のコストダウンの決めてはVE

固定費ダウンの戦略
1直間比率を見直す
2業務効率化を進める(ECRSの原則)
3アウトソーシングを活用する
4中小企業のIT活用は待ったなし

利益を増やすための五つ目の方策「スピードアップ」
1キーエンスに学ぶスピード経営
2ボトルネックを改善して、業務プロセスのスピードを上げる
3TOCによるボトルネック改善の事例
4ボトルネックの改善に補助金を活用する
5時間当たり限界利益を管理する

逆張り戦略
1固定費アップの事例
2変動費率アップの事例
3数量ダウンの事例
4単価ダウンの事例

第三章 顧客提供価値を高めて、「ニッチトップ」を目指す

顧客に選ばれるために有効な「絞り込み」
1経営は「顧客に選ばれるための仕組み作り」
2選ばれるために「絞り込む」
3絞り込みで成功した事例(ガトーショコラ専門店)
4小が大に勝つ「ランチェスター戦略」とは
5「弱者の戦略」と「強者の戦略」
6「商品の絞り込み」の考え方と事例
7「顧客層の絞り込み」の考え方と事例
8「地域の絞り込み」の考え方と事例
9絞り込む上での注意点

商品・サービスの提供価値を高める
1自社のドメイン(競争領域)を定める
2機能的価値と「感情的価値」
3機能的価値と「経済的価値」
4顧客に提供する価値と利益の関係
5顧客との関係性を構築する
6ニッチトップ(小規模№1)を目指す

第四章 会社の成長は社長の実行力次第

経営方針を定め、社員に浸透させる
1経営計画書はなぜ重要か
2経営理念を定める
3経営計画書を作成する
4利益計画は利益から逆算して作る
5経営計画発表会を行う
6経営計画の実行に社員を巻き込む
7日次決算を行う
8経営計画の作成・実行に有効な研修(マネジメントゲーム)

率先垂範で行動し、最終的な責任を持つ
1全体最適を図る
2ITの活用を推進する
3権限委譲を進める
4最終責任を持つ

第五章 六社の事例から学ぶ

世界シェア№1の商品を持つ「気くばりミラー」の会社
コミー 株式会社
「弱者の戦略」と「強者の戦略」を使い分けてオンリーワン企業へ
スズキ機工 株式会社
コンペ禁止! 他社とは競争しない「人が中心」の動画制作会社
株式会社 ヒューマンセントリックス
ITを活用して、人と枕の出会いをプロデュースする会社
まくら 株式会社
ビジネスモデルの転換に成功した創業一二〇年の老舗企業
株式会社 佐川
共同代表経営で目覚ましい成長を実現しているベンチャー企業
株式会社 QUATTRO(クアトロ)

おわりに
著者略歴
米澤裕一(ヨネザワユウイチ yonezawayuuichi)
ニッチトップ戦略パートナー・中小企業診断士 合同会社バリューアップ代表 青山学院大学卒業後、キヤノン販売(現キヤノンMJ)に入社。営業担当していた会社の倒産の兆候を見抜けなかったことをきっかけに、儲かる会社と儲からない会社の違いについて研究を始める。「絞り込み・一点集中・ニッチ分野No.1」のランチェスター戦略に着目し、自ら実践して、入社4年目に社長賞を受賞。以降25年間で2000社以上の中小企業経営者と面会し、景気に左右されない利益体質の会社の特徴を熟知する。 2010年に中小企業診断士の資格を取得。経営コンサルタントとして独立後、1年目で平均採択率40%のものづくり補助金において90%の採択実績を残す。勝てる土俵で顧客提供価値を高め、補助金を活用した資金調達やボトルネックの改善によって、200社以上の利益改善に貢献している。現在、1社でも多くの中小企業が黒字になることを目指して活動中。
タイトルヨミ
カナ:チイサナカイシャノモウケノシクミノキョウカショ
ローマ字:chiisanakaishanomoukenoshikuminokyoukasho

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

Clover出版の既刊から
浅川智仁/著
本日のピックアップ
大蔵財務協会:望月文夫 
大蔵財務協会:椎谷晃 
草思社:山口真一 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。