近刊検索 デルタ

2022年7月28日発売

樹林舎

出版社名ヨミ:ジュリンシャ

写真アルバム 廿日市・大竹の昭和

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
風光明媚な瀬戸内海、広島湾の西岸に位置する廿日市市と大竹市。本書は、この地域の昭和時代を写真で回顧するものである。
古くから中国山地産の木材の集積地として、材木商や木工職人などにより栄えた廿日市。
昭和戦前、大竹海兵団と潜水学校が置かれ、「海軍の町」となった大竹。
この地域が昭和時代に歩んだ歴史を、戦前の風景や人びとの営み、戦後の商店街、鉄道駅、暮らしのようすなど、大きく11の章に分け、600点もの貴重写真でふり返る。
このほか、地域独特の事象として、「引揚の地・大竹」「“進駐軍”がいたころ」「嚴島神社の管絃祭」などは、コラムとして特集した。1,500部限定出版。
目次
巻頭口絵 色彩の記憶── カラー写真でたどる郷土の昭和
1 ふるさとの原風景
2 昭和前期の暮らしと人びと
3 戦時下の郷土
フォトコラム 引揚の地・大竹
フォトコラム “進駐軍”がいたころ
4 懐かしき町並みと商店街
5 変貌した風景
6 交通網の整備と変遷
7 なりわいと産業の消長
8 「暮らし」の戦後史
フォトコラム レジャーと観光の時代
9 祭りと民俗行事
フォトコラム 嚴島神社の管絃祭
10 戦後のできごとをふりかえる
11 戦後教育と思い出の学舎
フォトコラム 昭和の子どもたち
著者略歴
樹林舎『廿日市・大竹の昭和』編集部(ジュリンシャ ハツカイチ オオタケノショウワ ヘンシュウブ jurinsha hatsukaichi ootakenoshouwa henshuubu)
■執筆 井原治之(廿日市市郷土文化研究会副会長) 河野哲男(大竹市歴史研究会会長) 森藤信賢(玖島歴史の会会員) 廿日市市宮島歴史民俗資料館 ■編集 樹林舎『廿日市・大竹の昭和』編集部
タイトルヨミ
カナ:シャシンアルバム ハツカイチ オオタケノショウワ
ローマ字:shashinarubamu hatsukaichi ootakenoshouwa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
講談社:鈴木ゴータ 
小学館:堂場瞬一 
講談社:西條奈加 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。