近刊検索 デルタ

2月22日発売予定

音楽之友社

もっと音楽が好きになる 上達の基本 ホルン

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
一流の音楽家がこぞって大切にしているのは「基本」だった! 毎日上達し続けるために必要不可欠な楽器演奏の「基本」を、第一線に立つ演奏家たちが丁寧に解説。大切な「基本」だから、入門者から役に立つ。上質な「基本」だから、中上級者でも新たな世界が拓けてくる。芯のある「基本」だから、毎日の練習が「上達」の繰り返しに生まれ変わる!
全体は4章構成。音楽を始める前の準備、自由に音を奏でる技術、身につけた奏法を活かす音楽表現、そして「ずっと」音楽を続けるための音楽観をそれぞれ伝える。さらに、持ち運びにも便利な付録「デイリートレーニング・シート」には、著者オリジナルの基礎練習パターンを両面掲載。一流の経験から磨かれた練習法は、憧れの音を手に入れるための最良の道!
「ホルン」では、演奏の土台となる情報を整理し、上達のコツを明かす。さまざまな状況に対応できる奏者に不可欠な、柔軟な理解を促す一冊。
目次
はじめに

きほんの「き」:音楽を始める前に
その1:呼吸
その2:ホルンの歴史
その3:楽器の構造、組み立て
その4:マウスピースの選択
その5:楽器の構え方
その6:アンブシュア

きほんの「ほ」:自由に音を奏でよう
その1:基礎練習の目的
その2:ウォームアップ
その3:ロングトーン
その4:スラーとレガート
その5:タンギングと発音
その6:音階練習
その7:音域の拡大
その8:ダイナミクスの拡大
その9:グリッサンド
その10:ゲシュトップとミュート
その11:ベルアップ
その12:重音
その13:ベンディング、ヴィブラート
その14:ハーフ・ヴァルヴ
その15:音程のコントロール1(ひとりで)
その16:1日10分のデイリートレーニング
その17:さらいたいエチュードと使い方紹介

きほんの「ん」:奏法から表現へ
その1:独奏楽器としてのホルン
その2:アンサンブル奏者として
その3:上吹きと下吹き
その4:スコアの使い方

きほんの「上」に:楽しく音楽を続けよう
その1:1日の練習の組み立て方
その2:メンテナンス
その3:楽器を習う、教える
その4:福川伸陽の音楽観を作ったもの
その5:緊張
その6:一生音楽と付き合うために

おわりに

●特別寄稿「本番力」をつける、もうひとつの練習:誰にでもできる「こころのトレーニング」(大場ゆかり)
著者略歴
福川 伸陽(フクカワ ノブアキ)
NHK交響楽団首席奏者。日本音楽コンクール ホルン部門第1位受賞。ソリストとして、パドヴァ・ヴェネト管弦楽団、京都市交響楽団他多くのオーケストラと共演している。「la Biennale di Venezia」「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」「東京・春・音楽祭」など世界各地の音楽祭にもソリストとして多数出演。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。