近刊検索 デルタ

2022年8月10日発売

筑摩書房

出版社名ヨミ:チクマショボウ

新版 レミは生きている

ちくま文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ぼくは「日本人」じゃない? 生涯「混血児」を救い続けた文学者の青く切ない自伝小説。今こそ読みたい名著復刊! 解説 平野レミ、下地ローレンス吉孝

第二次世界大戦後、「混血児」を救う「レミの会」を結成した平野威馬雄は、自身もまたアメリカの父と日本の母の間に生まれた。「レミ」とは、僅かな時しか共にいられなかった父から贈られた子供時代の愛称だった。「日本人」って、誰のこと? 日本を愛しながらも差別を受ける少年・イマオは、葛藤とともに成長をする――。魂に問う珠玉の自伝小説、復刊。(解説 平野レミ/下地ローレンス吉孝)

目次

まえがき
こわい物売り
おさないころの月日はこうして流れた
ちょんきな屋のレミちゃん
悲しいくせ
あいのこ道場
ばかおどり
父の帰国
格子なき牢獄
同類ものがたり
悲しい学芸会
おそるべき子どもになるまで
軍人出現
学校を追いだされて
土俵場のけんか
横を向く女の子
文学少年行
父帰る――前夜のこと
シューベルトがよんでいる
くりくりぼうずになった話
母の誤解
父の死
母の死
戦争が始まった
日本が負けた日から
レミは生きている
あとがき

解説 父のこと 平野レミ 
新版解説 下地ローレンス吉孝
目次
まえがき
こわい物売り
おさないころの月日はこうして流れた
ちょんきな屋のレミちゃん
悲しいくせ
あいのこ道場
ばかおどり
父の帰国
格子なき牢獄
同類ものがたり
悲しい学芸会
おそるべき子どもになるまで
軍人出現
学校を追いだされて
土俵場のけんか
横を向く女の子
文学少年行
父帰る――前夜のこと
シューベルトがよんでいる
くりくりぼうずになった話
母の誤解
父の死
母の死
戦争が始まった
日本が負けた日から
レミは生きている
あとがき

解説 父のこと 平野レミ 
新版解説 下地ローレンス吉孝
著者略歴
平野 威馬雄(ヒラノ イマオ hirano imao)
平野威馬雄(ひらの・いまお) 1900年、北カリフォルニアジャパン・ソサエティ(Japan Society of Northern California)初代会長のヘンリー・パイク・ブイと日本人の母との間に生まれる。東京都出身、上智大学卒業。仏文学者、詩人。ルーツによって差別を受けた自身の経験から第二次世界大戦後に「レミの会」を結成、「混血児救済」の活動に献身する。著書に『青火事』『くまぐす外伝』『平賀源内の生涯』、訳書に『ファーブルの昆虫記』『モーパッサン戯曲集』ほか多数。本作『レミは生きている』は第6回産経児童出版文化賞を受賞。料理愛好家・シャンソン歌手の平野レミは長女。1986年没。
タイトルヨミ
カナ:シンパン レミハイキテイル
ローマ字:shinpan remihaikiteiru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

筑摩書房の既刊から
共同通信運動部/編集
小倉紀蔵/著
ブレイディみかこ/著
志賀健二郎/著
阿満利麿/著
フランク・ウィルチェック/著 吉田三知世/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
株式会社 世界文化社:ズラータ・イバシュコワ 
論創社:入吉弘幸 
ネコ・パブリッシング:
主婦と生活社:椎隆子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。