近刊検索 デルタ

4月25日発売予定

法政大学出版局

殺人区画 大量殺戮の精神性(仮)

大量殺戮の精神性(仮)
叢書・ウニベルシタス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
二十世紀、非戦闘員に向けられた集団的暴力は戦争の三倍以上の人命を奪ったと言われる。ホロコーストをひとつの頂点として、ホロドモールやポル・ポト派による虐殺、ユーゴスラヴィア、ルワンダの虐殺にいたる無数の悲劇はいかなる人びとにより、いかにして実行されたのか。権力者の命令で、あるいは自ら進んで大量殺戮に従事した人びとの置かれた状況と、彼らを殺戮へと駆り立てる方法を社会学的に分析する。
著者略歴
アブラム・デ・スワーン(デ スワーン アブラム de suwaan aburamu)
大平 章( )
タイトルヨミ
カナ:サツジンクカク
ローマ字:satsujinkukaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

法政大学出版局の既刊から
加藤泰史/編 小島毅/編
ジャン=ピエール・バブロン/著 アンドレ・シャステル/著 中津海裕子/訳 湯浅茉衣/訳
E.M.シオラン/著 金井裕/訳
加藤泰史/編 小島毅/編
松田智裕/著
本日のピックアップ
北大路書房:民秋言 安藤和彦 米谷光弘 上月素子 大森弘子 
ミネルヴァ書房:大豆生田啓友 三谷大紀 
ミネルヴァ書房:ミネルヴァ書房編集部 
北大路書房:民秋言 安藤和彦 米谷光弘 中西利恵 大森弘子 長谷雄一 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。