新版 ライフル・ハンター

柳田佳久/著

新版 ライフル・ハンター
978-4-8074-1545-8
2015年10月
在庫あり
出版社による内容紹介:
アフリカ奥地でのライオン・ハンティング、巨象狩りと直後の象肉大宴会、白サイ射撃、北極氷原でのシロクマとの死闘、アメリカ大陸最大の肉食獣ピューマ・シューティングなどなど無数の野生動物襲撃。 ――これらはいずれも今は昔、とっくに禁止され不可能になった「猛獣狩り」である。それを日本人としてただ一人刊行して記録を残した柳田佳久は語り継がれる伝説の書『ライフル・ハンター』を1992年に発表しました。 それから23年。未発表の猛獣写真集16ページを加えて今回新たに『新版 ライフル・ハンター』として刊行します。 ハンター向け必読文献「ライフル・ハンター風雲録」「ライフル射撃とハンティング」も収録。
関連書籍

べッシー・ヘッド 拒絶と受容の文学

楠瀬佳子/著

ISBN978-4-8074-9904-5

在庫あり

アフリカ海外文学文学フェミニズム

代表作『マル』『力の問題』で世界的名声を得た南アフリカ出身の亡命作家ベッシー・ヘッド。アフリカ文学研究第一人者...


わたしの南アフリカ

楠瀬佳子/著

ISBN978-4-8074-1025-5

在庫あり

アフリカ

ケープタウンを何度も訪れ、そこに暮らすフツーの人々の中で共に生き、同時にジャーナリストや政治家、作家などとも交...


マウマウ戦争の真実

マイナ・ワ・キニャティ/著 宮本正興/訳

ISBN978-4-8074-9218-3

在庫あり

アフリカ

ケニアの民族解放独立闘争を担ったマウマウ団に関する記録文書を英国政府は未だに公開していない。本書は地道なフィー...


ポストアパルトヘイトの政治経済

花田吉隆/著

ISBN978-4-8074-0604-3

在庫あり

アフリカ

南アフリカは何処へ向かうのか?アパルトヘイトの終焉は新たな果てしない挑戦への始まりだった。元在南アフリカ日本大...


文学から見たアフリカ

宮本正興/著

ISBN978-4-8074-8906-0

在庫僅少

アフリカ海外文学文学

南アフリカとの貿易世界一と言われる日本人は世界一アフリカを見ない、知らない、考えない人々である。アフリカ文学と...


写真集 ウブントゥ(人間)

奥野安彦/著

ISBN978-4-8074-9412-5

在庫あり

アフリカ写真集

アパルトヘイト体制から黒人政権へとドラスティックな変貌をとげた南アフリカ。そこに生きるのは圧倒的多数の黒人、カ...


スーダン もうひとつの「テロ支援国家」

富田正史/著

ISBN978-4-8074-0206-9

在庫あり

アフリカ中東

アフリカ最大の国スーダンはイスラム原理主義が指導理念となり、ビンラーディンも滞在したことでアメリカの対テロ戦争...


国家の仮面が剥がされるとき

アレックス・ボレイン/著 下村則夫/訳

ISBN978-4-8074-0836-8

在庫あり

アフリカ

アパルトヘイト体制下に殺しあった者がお互いを赦せるのか。この難題に立ち向かった新生南アの真実和解委員会。そこで...


南アフリカを読む 文学・女性・社会

楠瀬佳子/著

ISBN978-4-8074-0107-9

在庫あり

アフリカ海外文学文学

アパルトヘイトは南アフリカの社会を大きく歪めてしまったが、もちろん人種差別だけが南アフリカのすべてではない。数...


精神の非植民地化

グギ・ワ・ジオンゴ/著 宮本正興/訳 楠瀬佳子/訳

ISBN978-4-8074-1015-6

在庫あり

アフリカ海外文学文学

86年度ノーベル文学賞を最後まで争ったケニアのグギが描くアフリカ文学の惨憺たる現状。アフリカ人がアフリカ人の言...


※書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。