スタイルノート 我が社の一冊 2020

  • 詩人の恋
  • セリム・ナスィーブ/著 水野信男/監修 岡本尚子/訳 梶葉/訳
  • スタイルノート
  • 978-4-7998-0189-5
  • 出版社からのおすすめコメント
    アラブ世界の大歌手である、ウンム・クルスームの生涯を描いた小説です。ウンム・クルスームに関する日本語文献はわずかとのこと。小説とはいえ貴重な資料とも言えるでしょう。著者はパリ在住のジャーナリスト兼小説家。原著の版元は無くなっていたため、著者との連絡にも時間がかかり、長い時間をかけた1冊がやっと出来ました。
  • 内容紹介
    この本は、フランスで刊行された『ウンム(OUM)』(仏語本)の全訳。書名のウンムとは、ウンム・クルスーム(1904?-75)のことで、彼女はエジプトが生んだ希代の名歌手であり、いまだにCDショップや書店にはライブCDが大量に並んでいるという。本書は、ウンム・クルスームと同時代を生きた、やはり著名なエジプトの詩人のアフマド・ラーミー(1892-1981)の口を借りて、彼自身の生涯と重ね合わせながら、ウンム・クルスームの一生を、一人称で縦横に克明に語りつくした小説である。ウンムはその生前から、「オリエントの星」「アラブの歌姫」「ナイルのナイチンゲール」「黄金ののど」「五色の声をもつ歌手」などと称され、さまざまの最高の形容でもてはやされてきた。そればかりか、没後もアラブ世界で、レジェンドの地位をほしいままにしており、彼女の歌は、いまもなお聴衆の心に、ふかく、やさしく、新鮮に息づいている。事実、ウンム・クルスームの歌は、エジプトでは今日ですら、ラジオの音楽番組の定番となっており、おびただしい量のライブCDが、現地書店や楽器店の棚をかざっていて、その人気は一向におとろえる気配すらない。著者ナスィーブは、1946年ベイルート生まれで、1969年以降今日まで、パリを中心に活動するパレスチナ問題に詳しいジャーナリスト。そのかたわら、小説も書いている。
  • https://www.stylenote.co.jp/bd/isbn/9784799801895/
詩人の恋
不登校・ニート・引きこもり 家族が変わるとき
ガチガチの世界をゆるめる
普通の人々の戦い
書誌学入門ノベル! 書医あづさの手控〈クロニクル〉
めんどくさい本屋―100年先まで続ける道
「芸術の6層」による教育
ラウンド・ミッドナイト 風の言葉
下山の哲学 登るために下る
とうめいなやさしさ
旧ドイツ領全史
甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは
人のつながりと世界の行方
じいちゃんじてんしゃ しゅっぱつしんこう
宇宙と安全保障
GOOD DESIGN FILE 愛されつづけるデザインの秘密
映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡
照応と総合
あいたいな
森林浴
人がたり外伝 大阪人物往来
かわいいことりちゃん
かんもくの声
マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣
ペガサスの挽歌
量子医学の誕生
SF映画術 ジェームズ・キャメロンと6人の巨匠が語るサイエンス・フィクション創作講座
日常台湾華語会話ネイティブ表現
こまいぬⅢ
パフェ沼
電子と暮らし
フランス人がわが家にやってきた!
この星の絵の具
動きだした時計
モテないけど生きてます
世界と繋がり合えるなら
ひきこもり、自由に生きる
農泊のススメ
無職本
無名の開幕投手 高橋ユニオンズエース・滝良彦の軌跡
南島探検 西表島の沢を歩きつくす
『七人の侍』ロケ地の謎を探る