めこん 我が社の一冊 2020

  • 動きだした時計
  • 小松みゆき/著 白石昌也/解説 古田元夫/解説 坪井善明/解説 栗木誠一/解説
  • めこん
  • 978-4-8396-0321-2
  • 出版社からのおすすめコメント
    ベトナムの残留日本兵のことはいつかは本にしたいと思っていました。しかし、実際に話を聞いてみると、国の非情さ、時の重さに翻弄されながらも、夫・父親(日本兵)への愛を大切に育んできたベトナムの人たちの「強さ」は想像以上でした。
  • 内容紹介
    40歳を過ぎてベトナムに移り住んだ日本語教師の女性と、第2次世界大戦後も帰国せずにベトナムに残った日本兵とその家族たちとの30年におよぶ交流の記録。 著者小松みゆきさんは1992年にハノイに赴任。2001年に認知症となった母親を日本から呼んで同居を開始。その大変だけどちょっと愉快な日々は2015年に松坂慶子さん主演「ベトナムの風に吹かれて」として映画化されました。彼女は新潟の田舎育ち。昭和の貧しくアナーキーな青春時代を駆け抜けてきた魅力的な個性の持ち主です。一方、日本兵たちは戦後ベトナムの抗仏戦争に協力しベトナム人女性と家族を持ちますが、ベトナム政府の方針転換により日本へ単身帰国することになり、残された家族は一転して迫害を受けるようになります。 おたがい社会からはみだした境遇だったから引かれるものがあったのか、その後30年にわたって小松さんは残された家族の相談相手、日本に戻った元兵士たちとの橋渡しを務め、認知症の母も同世代のベトナム人妻たちと仲良くなったりします。それにしても不条理に残されたベトナム人の妻たち、子供たちは、なぜ日本に戻ってしまった夫、父親を恨みもせずに想いつづけるのか。共感、怒り、感動…多くの人に読んでもらいたい1冊です。
  • http://www.mekong-publishing.com/
動きだした時計
この星の絵の具
マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣
人のつながりと世界の行方
無名の開幕投手 高橋ユニオンズエース・滝良彦の軌跡
ラウンド・ミッドナイト 風の言葉
書誌学入門ノベル! 書医あづさの手控〈クロニクル〉
あいたいな
甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは
『七人の侍』ロケ地の謎を探る
下山の哲学 登るために下る
映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡
南島探検 西表島の沢を歩きつくす
森林浴
電子と暮らし
無職本
フランス人がわが家にやってきた!
不登校・ニート・引きこもり 家族が変わるとき
世界と繋がり合えるなら
めんどくさい本屋―100年先まで続ける道
かわいいことりちゃん
詩人の恋
じいちゃんじてんしゃ しゅっぱつしんこう
普通の人々の戦い
照応と総合
量子医学の誕生
ガチガチの世界をゆるめる
SF映画術 ジェームズ・キャメロンと6人の巨匠が語るサイエンス・フィクション創作講座
旧ドイツ領全史
「芸術の6層」による教育
パフェ沼
宇宙と安全保障
人がたり外伝 大阪人物往来
とうめいなやさしさ
ペガサスの挽歌
ひきこもり、自由に生きる
GOOD DESIGN FILE 愛されつづけるデザインの秘密
かんもくの声
日常台湾華語会話ネイティブ表現
モテないけど生きてます
こまいぬⅢ
農泊のススメ