アートダイバー 我が社の一冊 2019

  • スペース・プラン:鳥取の前衛芸術家集団 1968 -1977
  • 筒井宏樹/著・編集
  • アートダイバー
  • 978-4-908122-14-9
  • 出版社からのおすすめコメント
    ここ数年のアート・コレクティヴ(集団によるアート活動)隆盛のなか、 再発掘された鳥取の前衛集団「スペースプラン」。 1960-70年代に展開された、知られざる活動の詳細を貴重な資料群で紹介し、 日本の現代美術史のもうひとつの展開を追いかける。 美術の歴史に思いを馳せる「ムネアツ」な1冊です。
  • 内容紹介
    ここ数年のアート・コレクティヴ(集団によるアート活動)隆盛のなか、 再発掘された鳥取の前衛集団「スペースプラン」。 1960-70年代に展開された、知られざる活動の詳細を貴重な資料群で紹介し、 日本の現代美術史のもうひとつの展開を追いかける。 スペース・プランは、谷口俊(1929–)、フナイタケヒコ(1942–)、山田健朗(1941–)らによって鳥取で結成された前衛芸術家集団です。1968年11月の檄文から始まる彼らの活動は、単純な色と形に還元された立体物に代表されるミニマリズムに特徴づけられます。彼らは、市民会館や画廊で発表する一方で、湖山池青島や仁風閣前庭など、鳥取市各地で野外展を積極的に試みました。特に第2回展では、鳥取砂丘を舞台にミニマリズムの作品が配置された壮大なスケールの展示を実現しました。当時の地元メディア等では注目を集めていたものの、その活動は鳥取に限定されていたこともあり、全国的に広く紹介されることはありませんでした。ミニマリズムという言わば現代美術のひとつの出発点として生まれた形式が、1960年代後半に鳥取という日本のローカルな地域でどのように展開されたのか。1960~70年代の鳥取の文化状況を踏まえるとともに、若者の叛乱の季節、具体美術協会による野外展、宇部や須磨の野外彫刻展、福嶋敬恭と京都北白川美術村、ミニマリズムからポストミニマリズム等といった歴史的文脈のなかで、その活動を検証していきます。
  • https://artdiver.tokyo/
スペース・プラン:鳥取の前衛芸術家集団 1968 -1977
東西冷戦史(一) 二つに分断された世界
japan 日本語版
日本で生きるクルド人
私は本屋が好きでした
宗教社会学論集 第1巻 上
新・音楽とキャリア
中華オタク用語辞典
沈黙する教室
静かなる変革者たち
検証「戦後民主主義」
ところで軍国少女はどこへ行った
伊予松山 裁判所ものがたり【明治編】
歌って気づく!フレイルと認知症
チェ・ゲバラとキューバ革命
気功革命 秘伝奥義 集大成
みんなが輝くために1
この世の景色
困難な子育て
[改訂版]ディテール・イン・タイポグラフィ
ロヒンギャ難民100万人の衝撃
ネット右派の歴史社会学
ウンチ学博士のうんちく
もの想うこころ
わたしが素直になれるとき
キネマ/新聞/カフェー
美の朝焼けを通って
しょぼい喫茶店の本
寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか 渡辺一夫随筆集
なんでもやってみようと生きてきたダウン症がある僕が伝えたいこと
スタートラインに続く日々
「人民日報」で学ぶ「論説体中国語」翻訳ドリル 初・中級
METAPHOR
ぼくのマンガ道
欧文組版 タイポグラフィの基礎とマナー〔増補改訂版〕
TRICK-トリック
ちきゅうがわれた!
言の葉連想辞典
マレーシア映画の母 ヤスミン・アフマドの世界
大洪水の前に マルクスと惑星の物質代謝
こちら、発達障害の世界より―生きやすく生きることを求めて
かがやき
徴用工裁判と日韓請求権協定
負債の網
いやな感じ
TOEIC L&Rテストよくわかる総合対策と解き方
親子で楽しむ かんたんプラモデル
新訂 幕末下級武士の絵日記
はじめてのDELF A1 (CD付)
『荒地』の時代
ひまのつめあわせ 入江家の本