英明企画編集 我が社の一冊 2020

  • 人のつながりと世界の行方
  • 山田孝子/編著 山極寿一/著 小河久志/著 桑野萌/著 小西賢吾/著 坂井紀公子/著 ほか
  • 英明企画編集
  • 978-4-909151-06-3
  • 出版社からのおすすめコメント
    新型コロナウイルス感染症の蔓延によって、人と人との接触の制限が「要請」されるという未曾有の事態に陥った2020年。人に会い、空間を共有して語りあうことができない時期の辛さは、人と人との「つながり」の重要性をあらためて浮かび上がらせました。本書では、人類が熱帯雨林を出て世界各地に広がり、ここまで数を増やした「強み」を共食と共同の子育てによって築いた「つながり」に見出し、血縁、地縁、信仰縁などの「つながり」をめぐる諸相の比較を通して、コロナ後の世界において安全かつ豊かに生きる道を探っています。コロナ禍のいまだからこそ生まれた、「つながり」の再生と維持を通じて未来社会を安寧へと導く提言の書です。
  • 内容紹介
    ヒトはその進化の過程において、家族や血族およびそれを超えた集団との「つながり」を育み、独自の社会を築くことで他の生物との差異を獲得し、行動範囲を拡げて数を増やしてきました。人類がここまで地球上の広い範囲に住めるようになったのは、「つながり」をつくってきたからに他なりません。 ところが近年では、家族だけを大切にし、親類づきあいや近所づきあいもあまりせず、コミュニティとの関係をほとんどもたずに暮らす人が多くなっています。また、友人も恋人もほしくない、結婚しない、家族をつくろうとしない人も増え、これについて肯定的な意見も多く耳にするようになりました。さらには若者を中心に、友人がいる人のなかでも、SNSやインターネット上でのバーチャルな「つながり」はあるものの、現実に会って会話をしたり、時間と空間を共有して何かをすることが少なくなってきている傾向があります。 しかし、そうした気運の一方で、誰にも看取られずに孤独死してしまう方がたくさんおられることや、頻発する自然災害への対応にはコミュニティの存在が不可欠なことを思えば、人間にとってリアルな「つながり」の重要性は不変です。それは人と人との接触の削減が求められるコロナ禍においても同様です。むしろ人と会えない時期のつらさは、「つながり」が人類にとってなくてはならないものであることをより強く浮かび上がらせました。 本書では、血縁・地縁・信仰縁・嗜好縁など、世界各地の民族や集団の多様な「つながり」の歴史と現在について、霊長類学、民族学、文化人類学の視点から比較・考察。共通点と差異を観察し、歴史的な変化の状況を踏まえて、コロナ禍を乗り越えて世界の人びとが安全かつ豊かに生きる方途を探ります。
  • https://www.eimei-information-design.com/
人のつながりと世界の行方
ラウンド・ミッドナイト 風の言葉
普通の人々の戦い
無名の開幕投手 高橋ユニオンズエース・滝良彦の軌跡
ガチガチの世界をゆるめる
無職本
宇宙と安全保障
とうめいなやさしさ
めんどくさい本屋―100年先まで続ける道
下山の哲学 登るために下る
こまいぬⅢ
森林浴
詩人の恋
フランス人がわが家にやってきた!
ペガサスの挽歌
じいちゃんじてんしゃ しゅっぱつしんこう
不登校・ニート・引きこもり 家族が変わるとき
マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣
かわいいことりちゃん
甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは
「芸術の6層」による教育
旧ドイツ領全史
映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡
南島探検 西表島の沢を歩きつくす
書誌学入門ノベル! 書医あづさの手控〈クロニクル〉
かんもくの声
量子医学の誕生
日常台湾華語会話ネイティブ表現
モテないけど生きてます
人がたり外伝 大阪人物往来
農泊のススメ
この星の絵の具
『七人の侍』ロケ地の謎を探る
世界と繋がり合えるなら
パフェ沼
ひきこもり、自由に生きる
照応と総合
動きだした時計
あいたいな
SF映画術 ジェームズ・キャメロンと6人の巨匠が語るサイエンス・フィクション創作講座
GOOD DESIGN FILE 愛されつづけるデザインの秘密
電子と暮らし